スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
3歳になりました by mari
2010-09-25 Sat 14:57
majoranaが。
ぱちぱちぱち!!
ここのとこ、いつもにまして、愛おしいのは
どおしてだろう


この前はyumiとセッションハウスへだんす鑑賞に行ってきました。
ガールズデュオ特集だったので、ふたりても興味津々。
きっとyumiも私もインスピレーションうけたと思います。
私たちも、今のんびり創作中だから。秘。
あのアンダーグラウンドの空間が、ひんやりわくわくオシャレでどきどきしちゃう。あの場所すごい好き。

今日はまただんす鑑賞してきます。芸術の秋突入です。
冴子さんに会えるかなー。憧れの人たちの公演なんです。

きっとたぶんレビュー書きますね!!
スポンサーサイト
別窓 | だんす | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
盆踊りの動画。   by yumi
2010-09-08 Wed 19:01
盆踊りが気になったので、動画を探してみました。
埋め込み不可なのでリンク先をみてね。

盆踊り曲のメドレー 2010年版 (日比谷公園・大盆踊り大会 100821)
http://www.youtube.com/watch?v=o_I4zQ5f_zA
  • 盆踊りの動画。   by yumiの続きを読む
  • 別窓 | だんす | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
    こわいけど、踊っています♪  by yumi
    2010-08-20 Fri 18:56
    踊ることから離れていると、踊ることがこわくなります。
    今までの経験。少し稽古をさぼっていると、
    体が動かない。上手に踊れない。順番が覚えられない。筋肉痛になる。怪我をする。
    などなど、踊ることから離れたために起きてしまういろんな悪い出来事が、踊る前に頭によぎってしまうのかもしれません。

    たびたび嫌な気持ちになったにもかかわらず、また踊ることから離れていたので、
    今のわたしはコワイモード全開です!!

    けど、がんばって再開しました
    こわいです。
    やっぱり、年をとるんだなぁ体は。
    戻りが遅いです。
    でも、楽しいです。

    踊っていると、欲も出てくるのです。
    体が戻ったらもっと楽しいんだろうな、とか、
    ちょっと難しいクラスにいってみたいな、とか!
    実現できるように、しばらくがんばってみます

    写真はバレエのリハーサル風景です☆
    いつかまた発表会にでますと宣言し続けています(笑)
    P1010142_20100820183554.jpg
    別窓 | だんす | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
    だんす鑑賞~Ballet~ by mari
    2010-07-05 Mon 00:20
    先週の日曜日、友達のバレエスタジオの発表会にお邪魔してきました
    yumiもよく知ってる人だよん

    前半はバレエコンサート、つまり小作品集、
    そしてなんと、後半は「眠れる森の美女」全幕!!!!

    王子始め難しい役どころは先生やバレエ団からのゲストダンサーがやることも多いですが、
    カラボス役の彼女は、ゲストダンサーに劣らぬ演技力とオーラで惚れ惚れしちゃった

    「眠り」は 有名な場面が多いこともあり、
    昔ローザンヌのコンクールを録画して何度も見たのとか
    自分の発表会とか、
    部活とか、
    洪水のように思い出が溢れてきました。
    昔「リラの精」を踊ってたおねえさんがとても綺麗で、
    とても憧れて、
    飼ってた文鳥にもリラって名付けたり、

    いろいろ思い出した~



    あこがれ、って
    ピュアで素敵な感情だったなぁって
    久々にいいきもちになりました


    おつかれさま&ありがとう


    さてさて、yumiとの再会の日はちかいっおつかれちゃん
    別窓 | だんす | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
    マシュー・ボーン 白鳥の湖。  by yumi
    2010-04-21 Wed 12:05
    マシューボーンの白鳥の湖、6月に来日公演です。
    日本公演オフィシャルサイト↓
    http://swan2010.jp/index.html

    何度目かの来日公演なので、観た人も多いかもしれません。
    この白鳥はほんとにおもしろいですよね☆
    男の人が白鳥を演じることで話題になったヒット作。
    映画「リトル・ダンサー」に出てきて、アダム・クーパーが日本でもブレイクした、あれです。

    古典のバレエ作品「白鳥の湖」の音楽(チャイコフスキー)をほぼそのまま使用していること、
    男性が白鳥を踊るところ、
    イギリス王室をシニカルに描いているところ(パパラッチまででてくる!)
    見どころはたくさんあるんだけど。

    もう一歩マニアックな見方として、
    クラシックバレエの白鳥と見比べるのが面白いです。
    だって、白鳥のシーン、踊りのエッセンスがびっくりするくらい同じなの!

    オデット姫の登場する音で 男性のビッグスワンが登場し、
    王子とオデットのPDDや、4羽の白鳥も同じ曲を使い、
    白鳥の群舞のシーンももちろん群舞。舞台後方から前に進んでくるシーン。
    さらに、ステップや腕の動きも、女性の踊る白鳥の動きを男性仕様にした感じで。
    「あのシーンをこうしちゃうのか!」とわかるとおもしろいです。
    全く違うストーリーを展開しながら、振付は原版とパラレル。不思議!

    それと、クラシックバレエをパロっているシーン、あれも最高です!
    第1幕のパ・ドゥ・トロワの音楽に、全幕バレエの様式を詰め込んでいるの。
    バレエの定番シーンをものすごく完璧にバカにしていて。
    お姫様は蛾、王子はかっこわるい木こり、という設定もすごいけど、大げさなマイムや、コーダでの不自然なほどの盛り上がり(テクニックを詰め込んで盛り上げて終わり!みたいな)。笑えます。
    発表会やバレエ団の公演で、あのパドゥトロワを観るたびに、マシューボーンの蛾が頭によぎってしまうというたいへんな後遺症に掛ってしまいます。

    「誰でも楽しめる、ミュージカルのようなバレエ」だけど、
    すでに原版を知ってる人も、マニアックに楽しめるよーって話でした。

    そうそう、この白鳥は、男性からの評判がとてもいいみたいです。
    この作品を観て、「アダム・クーパーかっこいい!」と、大人になってからバレエを始めた知り合いもいるんですよ。
    そのひとがわたしにマシューボーン作品のおもしろさを教えてくれたのです。
    その後、どうなったかなーあのおにいさん。アダムに憧れてるのなら、今頃歌も歌ってたりして・・・。

    おまけ映像
    原版と見比べてみようのコーナー♪
    (PCから見てね)



  • マシュー・ボーン 白鳥の湖。  by yumiの続きを読む
  • 別窓 | だんす | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
    | majoranaぶろぐ | NEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。