スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ローザンヌ国際バレエコンクール by yumi
2008-04-27 Sun 19:06
今日テレビで、ローザンヌ国際バレエコンクールのもようが放映されました。
スイスのローザンヌで年に1度毎年開催される、国際的ダンサーになる登竜門も言われているコンクールです。
ここで気に入ったダンサーが、何年か後にトップになっていたりして、毎年見ていると楽しいです。

 いままでバレエの稽古をする者として見ると、参考にすべき細かいところが気になって作品自体にまで目が届かなかったですが、今年は一歩下がって見ていました。

 今日感じたのは、最近自分が忘れたり拒んだりしていた「伝統」の大切さです。例えば、なぜ何百年もバーレッスンを残していくのか。
またクラシックを毎日稽古していると、踊る体が正しく作りやすいのかどうか。これは、古くから何万人のダンサーの実体験があったからこそ伝えられてきたのであって、「伝統」っていわば統計なのかもしれない。
その他にも、クラシックのテクニックは、他のダンスにも参考になる点がありました。①観客への視線や体の面の使い方(ななめ45度をしっかり使う)②足裏の使い方、やわらかさ③決まった振付の中にも自分の個性を出すということ。  などなど。
 クラシックで踊る力を育んできたことだし、あんまり離れず願わくばも一回通いたいな。
てかクラシックのヴァリエーション見てたらやりたくなっちゃった。ティアラしたーい

おまけ
コンテンポラリーダンスって何?とよく聞かれるのですが、話せば長~話になるので、
ひとつだけ知ってほしいこと
私が思うに、「バレエ・コンテンポラリー」と「コンテンポラリーダンス」は別物です。
バレエずっとやってきた人で「コンテンポラリーって好きじゃないんだよね」って人は
たいてい前者を指してるんじゃないかな。具体的には、キリアンとかベジャールとか。
でもそのうちクラシック扱いされるだろうとおっしゃる先生もいます。
興味があれば語りあいましょう


ローザンヌ国際バレエコンクール公式HP(English)
http://www.prixdelausanne.org/e/index.php

ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%8C%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%83%90%E3%83%AC%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB」
スポンサーサイト
別窓 | だんす | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
アルミ風船浮遊処理のため…by mari
2008-04-26 Sat 16:40
お天気いまいちな日が続きますね。。


なんとかテンションあげたいものです…





駅のホームの電光掲示板にタイトルのようなテロップが流れていました。
電車がちょっと遅れたみたいです。


持ち主はわんわん泣いちゃったんじゃないかな
今ごろご機嫌治ってるかな
手を放しちゃってお母さんに怒られたかな


なんて、こんな日常の小さなことに妄想族全開です。

もっともっともっと
スキルアップしていきますよ↑
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
おっっっと by mari
2008-04-16 Wed 23:29
切れました・・・


omamori


ちょっと見づらいかな。。ケータイで撮ったものでして↑↑

ケータイのストラップ代わりにお守りをつけていたのですが
バッグからケータイを取り出そうとしたら、そのお守りの紐が切れちゃったんです。
びっくり
なんだかとても不吉な気がしたけど
母曰く、これはお守りの効力があったってことらしいです。
そういうことにしておきたいとおもいます。

あたしはいったいどんな災いから守られたのでしょうかね。笑



別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
だいえっと宣言 その後① by yumi
2008-04-08 Tue 17:08
1月の日記でだいえっと宣言をしてから2ヶ月ちょっと。
ここで中間報告をしたいと思います

結果は・・・・
2.5キロ減量。

ちゃんと有言実行しましたよー

自覚はなかったけれど、最近会う方々にやせたねって言われてうれしい。
一番に気づいてくれたのは、yumi行きつけ喫茶店のマスターでした。
おじさま、すてき


この2ヶ月でわかったことは、
ダイエットって奥が深い!
女の子はみんな独自のダイエット哲学を持っている!
いろんな方法を教えてもらって、ちょっとはダイエット文化がわかったような気がします。

yumiのだいえっとはもうしばらく続きます。
最初で最後のだいえっとにしたいです
いい方法しってたら教えてくださいね

別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
新しい季節 by yumi
2008-04-03 Thu 17:59
の季節ですね
写真は千鳥淵の夜桜です。幻想的でしょー
夜桜


入学、入社、進学するみなさん、おめでとうございます
これまでは、同じ年の友達はいっしょに学年が上がるだけだったけれど、
今年は、社会人2年目の人から、、入社する人、進学する人、就活中の人まで実に様々。
みんなそれぞれの道を歩みだしたんだなぁとしみじみします。

最近浅野裕子さんの『20代で女(自分)を磨く本』という本を読みました。
自己啓発系の本は苦手だったのですが、帯のこんなフレーズに、
思わず立ち止まってしまったんです。
『誰が見ても“魅力的”と感じる女性は、皆20代で“何か”をつかんでいます!』

という時期は、わたしという人を形作る大切な時期なんだろう、と
なんとなぁく感じていて、
でも何をしたらいいのかし確信が持てなかったわたしにとって
人生の先輩が答えてくれる、と思って
帯の言葉のように、わたしが憧れる女性はみんな、20代を充実して過ごしていたようです。

この本には、仕事、恋愛、ファッションから心や体のケアまで、
日々どのように向き合っていけばいいのかが書かれています。
たとえば、ファッション。いますぐ高級ブランドで身をかためる必要はないけれど、
毎日おしゃれを楽しみ、自分に本当に似合うものを追求していくことで、
本当にブランド物が似合う歳になったときに、堂々と着こなせる
日々のちいさな変化の連続が、30代、40代の自分を作っていく、というわけです。

20代のわたしのバイブルになりそう。
同じ世代の女の子にぜひ読んでほしいです。
そして、いっしょに20代を楽しみましょう
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| majoranaぶろぐ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。