スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ひさびさ更新です… by yumi
2008-09-22 Mon 21:35
最近筆不精のわたしたち。
書きたい出来事、どんどん過ぎ去って行きます
でも、がんばって続けていくので、気が向いたら見てください

まず、ate ribbonよりお知らせ。
しばらく、blogを模索します。
なので、ここからのリンクも消しますね。
年明けには、写真をたっぷりお見せできるblogをオープンしますので、お楽しみに
blog隊長アサががんばってくれてます


もういっちょ書くか。
ちょっと時間空いてしまったけど、mariとだんすみてきました。

9月8日 新国立のコンテンポラリーダンスのプログラムです。
[DANCE EXHIBITHION 2008]
DANCE MEETS MUSIC    @新国立劇場 小劇場

Aプログラム
 梅田宏明 S20 「Accumulated Layout(蓄積された配置)」
 二見一幸 ダンスカレイドスコープ 「“形が”“人が”語り始めると」
 Co.山田うん 「カッコウ」

これだけは伝えたい。
山田うんさんの作品で演奏をされていた、クリヤ・マコトさんのピアノ、ハンパないです
圧巻。圧倒的。
暗闇の中で、澄んだ音が光る。トーン。なにがおきるかわからない緊張感。次第に盛り上がる。
舞台の上で、ダンサーの存在感に負けないくらい全身で表現してる。
観ているわたしたちの気持ちも高まる。また緩む。でも何かが起きる予感がする。

そんなピアノの中(どんなピアノだ笑)、山田うんさんのだんす。
なんだ、あれ。ずるい!はじまりはなんだか不気味で、ダンサー3人とも受け入れたくないような気がした。
だけどもっと知りたくなる。それで、すごく一生懸命みてしまった。
簡単なことばで表してしまうと、シュールでユーモア。ってやつなんだけど。
ひきこまれました。そこでそうくるか、って何度も思った。
おばかなことしてるけど、笑顔で笑っちゃう感じではないの。
けど、それはユーモアに失敗したってことではないの。だって、おもしろいんだもの。

またおもしろい体験をしてしまった。
舞台って、いいね。

あとのお二方の作品については今回は割愛。。
とにかく、クリヤ・マコトさんのピアノ、聴いてみてください。
ダンスに負けず、コンテンポラリーです。
音楽を聴きに行ってみたいなぁ。

リンク→クリヤ・マコト オフィシャルHP

スポンサーサイト
別窓 | 活動記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| majoranaぶろぐ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。