スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
マシュー・ボーン 白鳥の湖。  by yumi
2010-04-21 Wed 12:05
マシューボーンの白鳥の湖、6月に来日公演です。
日本公演オフィシャルサイト↓
http://swan2010.jp/index.html

何度目かの来日公演なので、観た人も多いかもしれません。
この白鳥はほんとにおもしろいですよね☆
男の人が白鳥を演じることで話題になったヒット作。
映画「リトル・ダンサー」に出てきて、アダム・クーパーが日本でもブレイクした、あれです。

古典のバレエ作品「白鳥の湖」の音楽(チャイコフスキー)をほぼそのまま使用していること、
男性が白鳥を踊るところ、
イギリス王室をシニカルに描いているところ(パパラッチまででてくる!)
見どころはたくさんあるんだけど。

もう一歩マニアックな見方として、
クラシックバレエの白鳥と見比べるのが面白いです。
だって、白鳥のシーン、踊りのエッセンスがびっくりするくらい同じなの!

オデット姫の登場する音で 男性のビッグスワンが登場し、
王子とオデットのPDDや、4羽の白鳥も同じ曲を使い、
白鳥の群舞のシーンももちろん群舞。舞台後方から前に進んでくるシーン。
さらに、ステップや腕の動きも、女性の踊る白鳥の動きを男性仕様にした感じで。
「あのシーンをこうしちゃうのか!」とわかるとおもしろいです。
全く違うストーリーを展開しながら、振付は原版とパラレル。不思議!

それと、クラシックバレエをパロっているシーン、あれも最高です!
第1幕のパ・ドゥ・トロワの音楽に、全幕バレエの様式を詰め込んでいるの。
バレエの定番シーンをものすごく完璧にバカにしていて。
お姫様は蛾、王子はかっこわるい木こり、という設定もすごいけど、大げさなマイムや、コーダでの不自然なほどの盛り上がり(テクニックを詰め込んで盛り上げて終わり!みたいな)。笑えます。
発表会やバレエ団の公演で、あのパドゥトロワを観るたびに、マシューボーンの蛾が頭によぎってしまうというたいへんな後遺症に掛ってしまいます。

「誰でも楽しめる、ミュージカルのようなバレエ」だけど、
すでに原版を知ってる人も、マニアックに楽しめるよーって話でした。

そうそう、この白鳥は、男性からの評判がとてもいいみたいです。
この作品を観て、「アダム・クーパーかっこいい!」と、大人になってからバレエを始めた知り合いもいるんですよ。
そのひとがわたしにマシューボーン作品のおもしろさを教えてくれたのです。
その後、どうなったかなーあのおにいさん。アダムに憧れてるのなら、今頃歌も歌ってたりして・・・。

おまけ映像
原版と見比べてみようのコーナー♪
(PCから見てね)



ほんとは群舞の見比べがおすすめだけど、動画みつからず。。

1、クラシック・バレエの4羽の白鳥(ボリショイ・バレエ)


2、マシューボーン版の4羽の白鳥。ちょっとこわい。。


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | だんす | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<最近の徒然&お知らせ。 by yumi | majoranaぶろぐ | (前回のつづき。)アレクサンダーテクニック by yumi>>
コメント

コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック

トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | majoranaぶろぐ |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。